※バックテストの結果

※履歴内の10ロットを超えるトレードは証券会社のサーバーエラーによるイレギュラーとなります

※フォワードテストとは?

フォワードテストとは、実際にシステムをリアル相場に適用してトレードをした履歴データです。

リアルタイム相場でのトレード運用となるので、嘘偽りないテスト結果と言えます。

現在の相場において、スプレッドやスリッページ等の影響も加味されており、実際にトレードしたらどのような結果になるかが判断出来ます。

つまりフォワードテストは、非常に信頼性の高いデータです。

人工知能AIトレードシステム「i-Vision」は、
総成績2806戦2502勝という結果を叩き出しています。

この結果を出せたのは、世界最高峰のAIが
相場のビッグデータを解析・ディープラーニングに成功したから。

人間には決して不可能なレベルで、
今までの相場から、あらゆる値動きを学習してきました。

相場は基本的に「上がる」「下がる」の二択ですし、
トレーダーもどちらに動くかを予測してトレードをしていきます。

ただ、人間レベルでは掴みきれない、
上がる相場の特徴と、下がる相場の特徴があり、
AIはそれを学習して、利益になるパターンをストックしています。

これこそが「i-Vision」の最大の武器であり、
あらゆる相場から、利益を狙い続けていける理由なんです。

この人工知能AIトレードシステムは、
大企業や大手ファンドが採用するレベルの力を持っています。

今、世界水準のAIトレードシステムを、
すべての個人投資家へ開放します。

そして、「i-Vision」によって、
総成績2806戦2502勝という結果を叩き出していきましょう。

「i-Vision」の完全自動のトレードとなり、
勝率93.3%を叩き出しています。

この勝率の高さは、かなり大きなメリットです。

基本的に人の手を加えることなく、
完全自動でトレードをしていくのならば、
勝率が低ければ不安とストレスが増してしまいます。

それに「i-Vision」は
リスクをとって大きな利益を狙うものではなく、
トータルで利益をプラスにしていくものとなります。

だからこそ、リスクを最低限まで抑えて、
高い勝率で利益だけを増やし続けていくことを
1番に考えているんです。

それに、この勝率93.3%は、テスト結果によるものではありません。

実運用で叩き出している結果となり、
現在も高勝率で利益を稼ぎ続けているんです。

「全人類、平等の利益」を実現するためには、
高い勝率でトータル利益をプラスにする必要があります。

そのためにAIに12年間という膨大なチャートデータで
ディープラーニングを重ね、i-Visionを開発し、
最高のパフォーマンスを出すことができました。

だからあなたは、
「i-Vision」にトレードを任せるだけでOKです。

たったそれだけで、世界トップレベルの高勝率で
利益を狙い続けていけるんです。

※履歴内の10ロットを超えるトレードは証券会社のサーバーエラーによるイレギュラーとなります

人工知能AIトレードシステム「i-Vision」は、
今もリアルタイムの相場で稼ぎ続けています。

つまり、「i-Vision」を手に入れたら、
その日から同様の利益を狙うことができるということです。

「過去だけではなく、今も稼ぎ続けている」

それは自動売買システムを使う上で、
ほとんどの方が重要視するところですし、

私たちもしっかりと
利益を上げている証拠を提示しているからこそ、
「i-Vision」を自信を持ってご提供できます。

もちろん、すべて完全自動の結果。

裁量判断といった、
個人のスキルに左右されるものは一切なく、
誰もが今すぐでも、利益を目指すことができるでしょう。

お見せしている実運用の結果は、
勝率93.3%、254戦237勝で稼ぎ続けており、
最大年利は165%。

今現在も、さらにその記録を更新しています。

こういった結果を叩き出せるのも、
AIが8000以上の勝ちパターンを導き出したからこそで、

固定のロジックにとらわれることなく、
相場の状況に合わせた柔軟性のあるトレードを
行なっていくからです。

ぜひ、あなたも「i-Vision」を手にして、
今すぐに稼ぎ始めていきましょう。

これこそが「i-Vision」の、
最大の特徴と言ってもいいでしょう。

世界最高峰のAIによるディープラーニングにより、
これまでの相場の動きをひたすら学習してきました。

その結果、「i-Vision」が得たものは、
相場に潜む8000パターンの勝ちトレード。

歴史上に存在する、すべての勝ちパターンを、
完全網羅したといっても過言ではありません。

多くのトレーダーも、いくつかの勝ちパターンを使って、
利益を上げていくかと思います。

ただそれは10個や20個といった程度で、
細かい相場の動きなどを自分の目で判断して、
トレードをしなければいけません。

それはそのトレーダーだからこそできる芸で、
初心者が真似しようとしても、
100%同じトレードをすることはまず不可能に近いです。

「i-Vision」がインプットした8000パターンは、
そんな細かい値動きさえもパターン化しているため、

初心者でもプロと同様、
それ以上のトレードをすることだって可能です。

8000パターンの中から、
相場の動きに合致したものを自動で当てはめて
トレードをしていき、利益を狙っていく。

それならば、FXをやったことすらない人でも、
あらゆる相場から稼ぐこともできるはずです。

間違いないでしょう。

「i-Vision」を創り出したAIは、
そのあたりにある程度の低いものではありません。

GoogleやApple、Amazonといった、
世界的大企業が採用するレベルのAIを使用しています。

「i-Vision」は世界水準のAIを
個人投資家の手に届けるために誕生しましたし、

この世界最高峰のAIだからこそ、
FX未経験者でさえもプロを超えるトレードを
実現することもできるでしょう。

本来ならばそういった企業レベルのAIは、
資本力がある大企業や一部の機関投資家しか
手にすることができないほど。

なぜなら何億円、何十億円もするからです。

でも、そんなのはフェアじゃないですし、
テクノロジーがお金を生み出す時代に、
個人でも高性能のAIを持つべきです。

私たちが創り出すAIは、
大企業にも勝るほどのクオリティだと自負していますし、

だからこそ「i-Vision」は、

稼働開始後「勝率93.3%」
総成績「2806戦2502勝」
最大年利「165%」

という結果を叩き出せたんです。

これからは誰もがFXで、平等に稼ぐ時代。

「i-Vision」で
プロトレーダーやヘッジファンドを超える、
理想の利益を完全自動で実現しましょう。

完全自動でトレードしていくからこそ、
「i-Vision」は安全性も重きを置いています。

過去12年間の相場をAIが解析し、
あらゆる動きをディープラーニングしていきました。

その12年間には東日本大震災などの
経済危機も含まれています。

「i-Vision」はそういった危機さえも
軽々と乗り越え右肩上がりで利益を
伸ばし続けている結果も出ているんです。

これはリスクになる相場でさえも学習して、
利益へと変えていっているということ。

だからあなたは「i-Vision」を止めることなく、
チャートすら見ないで利益を増やすことだってできるでしょう。

従来の自動売買システムであれば、
相場の動きを見て停止したり
稼働させる必要がありますが、

世界最高峰のAIで
ディープラーニングした「i-Vision」は、
そんな過去のシステムとは次元が違います。

システムの安全性は私たちが保証しますし、
安心して「i-Vision」を使っていただけます。

「i-Vision」はここ数日に完成したような、
生まれたてのシステムではありません。

構想段階から含めて7年以上の歳月を費やし、
最低100,000回は検証を行なって完成しました。

トライアンドエラーの繰り返しで、
徹夜で作業をすることが当たり前の日々でしたし、
少しでも良い成績を出すために、人生を捧げてきたほどです。

そしてその検証は、
単純に良い数字を見せるためにやってきたのではありません。

手数料となるスプレッドを3pipsで検証し、
実運用で利益を出すためにテストを繰り返しました。

良い成績を出すだけなら、
スプレッドを0.1pipsとか0.2pipsという低さに設定すれば、
1億円とか3億円という金額なんて簡単に出すことはできます。

でも、求められているのはそこじゃありません。

実際にトレードをして、稼げるかどうかです。

私たちは自分で使うことはもちろん、
個人投資家の方に結果を出していただくために、
「i-Vision」を開発しました。

良い成績を見せることが目的ではなく、
実運用を想定した検証を繰り返し行なったことで、

最大年利165%、
総成績2806戦2502勝、
今も勝率93.3%

という結果を叩き出すことができています。

あなたに稼いでいただくための検証は、
完璧に終えています。

株式会社ラプラス(ラプラス)の、原崎と申します。

ついにテクノロジーが、
「お金」を生み出す時代が訪れました。

これから、投資は「する」ものから
「任せる」ものへと変わっていきます。

そして、これからお伝えするのは、
その時代に完成した、

今までのFXの歴史をすべて覆してしまう、
人工知能AIトレードシステムについてです。

私たちが生きるこの世界では、
「テクノロジー」が様々なものを生み出してきました。

進化の過程において、決して外すことのできない、
最重要の項目こそ「テクノロジー」です。

その始まりは、人類が地球に誕生して、およそ600万年前。

人類最古のテクノロジー、「石器」にまでさかのぼります。

石器によって、生産や食文化の礎は築かれ、
人類の暮らしは、矢のように早く豊かになりました。

そこからテクノロジーの発展速度は衰えを知らず、
近代では「産業革命」により、社会構造が一変。

鉄道、飛行機、電話と、地球上のあらゆるモノが、
テクノロジーによって制覇され、人々の暮らしは、
驚異的なスピードで豊かさを増しています。

そして2021年。

歴史が新たに動き出しました。

これまでは「物質」を生み出してきたテクノロジーが、
これからは「お金」を生産していく時代となります。

そもそも2000年までは、
建築物や自動車などの車両、機械などの設備といった
「有形資産」の価値が高まっていました。

しかし2000年以降は、
商標権や特許、ブランド、ソフトウェアといった
「無形資産」の価値が高まっています。

この“見えない資産”とも言われている、
「無形資産」という概念が、今の時代を生き抜くためには、
欠かせないものとなっています。

「無形資産」といった、この文字通り、
形を持たない資産が、今、経済を動かす主力になっており、

  • Google(グーグル)
  • Amazon(アマゾン)
  • Facebook(フェイスブック)
  • Apple(アップル)

といった、GAFAの巨大化に象徴されています。

そして、“モノ”を生み出す技術、
つまり「テクノロジー」も、その1つであり、
今、最も価値を持つものこそ「テクノロジー」であると言えます。

天然資源のない日本を、
経済大国に押し上げた原動力も、テクノロジーです。

現金、証券、商品、不動産など
実物が存在する資産である「有形資産」とは違って、

何もないところから、
形あるものを生み出すことができるのが、
テクノロジーということです。

今後、この「テクノロジー」がないと、
国としても衰退をしてしまうでしょうし、
それは国民が豊かになることが遠のいてしまうということです。

アフターコロナを生き残っていくためにも、
私たちには今、「お金を生み出すテクノロジー」が絶対に必要です。

今の時代、お金を生み出すテクノロジーが必要。

それは揺るぎない事実です。

ただ、本来ならば優れた金融テクノロジーは、
数億円、数十億円という莫大な予算がかかるものです。

資本力のある大企業や大手ファンド、富裕層にしか
手にすることが許されない代物であり、

高性能の金融テクノロジー、
つまりAIを個人で入手することは、
まず不可能に近いと考えられていました。

でも、それはもう、過去のお話。

大手企業や大手ファンドが持つような、世界水準のAIを
個人が手にする時代が、ついに訪れたんです!

生涯をAI開発に注いできた私たちが完成させた、
AIトレードシステムは、
世界水準のAIと同等以上の力を持っています。

有名なAIファンドのリターンは、
年利71.8%、年利14.9%という中、
私たちのAIトレードシステムは、最大年利165%。

世界企業にも真似することはできないシステムを、
私たちは個人投資家へ開放します。

そして、最新鋭の金融テクノロジーで、
誰もが夢を叶えられるような世界へ
変えていきたいと思っています。

ただの妄想のように感じるかもしれませんが、
私たちはそれができると確信しています。

やりたいことを精一杯できない人生とか、
夢が夢のまま終わってしまう人生なんて、
誰が望んでいるでしょうか。

私たちはAIという、
最新鋭のテクノロジーで、人の暮らしを支えていきたいですし、
それを理念に活動をしています。

資本力のある大企業だけが、
世界水準のAIでトレードできるなんて、それはずるいです。

誰もがみんな、自分の夢を叶えるためにも、
まずあなたが完全自動のAIトレードで
利益を稼ぎ続けてほしいと思います。

そして、すべての個人投資家に、
世界水準のAIを手にしていただくために完成したのが、

AIによって歴史上に存在する
すべての勝ちパターンを完全網羅したといっても過言ではなく、

稼働開始後も勝率93.3%、
総成績は2806戦2502勝、最大年利は165%。

今の相場でも、稼ぎ続けています。

投資を意味する「Investment(インベストメント)」、
未来を見通す「Vision(ヴィジョン)」。

投資の世界の未来を創造する、
世界最高峰のAIテクノロジーとして、
私たちが公開を決意しました。

AI事業を中心に活動をしている、天才エンジニアチーム。

農業や金融といった分野で、
人々の生活をテクノロジーで支援している。

日本でもトップクラスのAI開発チームであり、
AIプログラミングコンペティションにて優勝の実績。

10,000名の農家が利用する、
他社農業アプリへの病害虫診断AIエンジンの提供や、
ドローンの自律制御に用いるAIの開発も携わっている。

「技術がどれだけ進歩しても主役は人」
という考えを持っており、
農業、金融分野において開発に勤しんでいる。

そして今回、
金融分野において自身の最高傑作となる、
人工知能トレードシステム、『i-Vision』を完成させた。

決して人の目では不可能な、
膨大なビッグデータを解析&ディープラーニングし、
相場に潜む8000パターン以上の勝ちトレードをAIがインプット。

文字通り、このシステムを手にした者は、
誰もが同じように利益を稼いでしまうだろう。

世界最高峰のAIが創り出した、
人工知能トレードシステムは、
AIが自ら「お金」を生産するための答えを導き出す。

そんな金融テクノロジーの革新を、
2021年、ついに到来させた。

運用開始後でも勝率93.3%
総成績2806戦2502勝のトレード結果を叩き出し、
最大年利は165%。

現在の相場でもなお、利益を稼ぎ続けている。

彼らがたどり着いたAI×FXの究極の形が、
いま、世界初公開される。

135名の投資教育のプロが活躍する、
日本最大級の投資助言・代理業(投資顧問業)
創業11年、クロスグループのグループ会社。

クロスグループは投資教育の専門会社として、
これまでの10年以上、様々な賞を受賞し、
多くの成功者を生み出してきました。

間違いなく投資教育の世界で、トップの会社であり、
そして世界的ベストセラー「金持ち父さん貧乏父さん」の著者、
ロバート・キヨサキ氏の公式スポンサーも務めている。

株式会社ロジカル・フォレックスは、
中でも投資システムの開発を専門とし、

システムトレードによって、
多くの個人投資家を成功させるための活動を行っている。

システムを使っていただくすべての方の満足をしていただけるよう、
3つの約束として、

  1. 厳正な審査を通過した、最高クラスのシステムのみを提供
  2. 資産運用の安心・安全を追求した世界水準の品質
  3. 投資顧問会社クロスグループがお客様を全面サポート

を掲げている。

今回はAIのスペシャリストである、
株式会社ラプラスとの共同プロジェクトとして、
自社初のAI型トレードシステムの開発に携わった。

AIのスペシャリストである株式会社ラプラスと
FXのスペシャリストである株式会社ロジカル・フォレックスによる、
今、最も注目されるシステムが明らかになる。

AI事業、FX投資、
それぞれのプロフェッショナルが正式に提携し、

「全人類、平等の利益」

そのヴィジョンを実現するために、
人工知能AIトレードシステムが完成しました。

稼働開始後は勝率93.3%、
総成績2806戦2502勝を叩き出し、
最大年利は165%。

現在の相場でも、利益を稼ぎ出しています。

FX相場の歴史上に残る、
すべての勝ちパターンを網羅していると
言ってもいいほどの

人間によるトレードや、従来の自動売買システムでは、
到底不可能な領域に達しています。

それでは、お待たせしました。

世界水準のAIを、個人投資家の手に。

そのテーマのもと誕生した
人工知能AIトレードシステムについて、
余すところなく解説していきましょう。

あなたはこれから、衝撃の事実を目の当たりにします。

私たち、AI開発のスペシャリスト株式会社ラプラスと、
FX投資のスペシャリスト株式会社ロジカル・フォレックスが、
共同開発で完成させた人工知能AIトレードシステム。

その名も、「i-Vision -アイ・ヴィジョン-」です。

FXの歴史上、すべての勝ちパターンを、
完全に網羅したと言ってもいいでしょうし、
こちらのようにあらゆる相場から、利益を上げることに成功しています。

一撃の利益は小さいかもしれませんが、
AIがインプットしたデータをもとにして、
複数のエントリーで利益を狙うこともあります。

1ロット換算でも
30,000円、23,800円、17,600円という金額を、
完全自動のトレードであなたの代わりに狙い続けてくれます。

そういった金額を、2806回のトレードの内、
2502勝したとしたら、どうなるでしょうか?

3万円の利益×2502勝と考えても、
7500万円ほどの金額になりますし、

「i-Vision」を動かせば動かすほど、
利益になっていくと言ってもいいでしょう。

「そうは言っても本当に稼げるの?」
「それって、バックテストの理論値とかじゃないの?」

と気になるかもしれませんが、
実際に今も、利益を稼いでいます。

※履歴内の10ロットを超えるトレードは証券会社のサーバーエラーによるイレギュラーとなります

こちらの結果はバックテストではなく、
シミュレーションによるイメージでもありません。

2020年11月2日から2021年3月8日、
勝率93.3%、254戦237勝で実際に稼いだ結果です。

あなたがこのページを見ている今も、
おそらく勝ち続けているでしょうし、

「i-Vision」を手に入れたその時から、
全く同じ結果を出すことだってできるでしょう。

そして、3年間のテスト運用では、

※バックテストの結果

という結果。

これも相場に合わせて良い成績を出したのではなく、
実運用を想定して、同じ環境でトレードを行なった結果で、

2017年8月1日から2020年10月31日
勝率88.7%、2552戦2265勝
という結果を叩き出しています。

では、なぜ、稼働開始後でも
勝率93.3%、総成績2806戦2502勝、
最大年利165%という結果を、

一切、人の手が加わることなく、
完全自動で叩き出すことができるのか?

その答えとしては、一言で言うなら簡単です。

「世界水準のAIが創り出したシステムだから」

でも、

「世界水準のAIってどういうこと?」
「AIがどんなことをしてくれてるの?」

といった疑問も新たに浮かぶと思いますし、
それも当然だと思います。

ならば、すべてをお話していきます。

「i-Vision」にブラックボックスはありません。

世界最高峰のAIが創り出した、
人工知能トレードシステム「i-Vision」の
真相を解き明かしていきましょう。

稼働開始後、勝率93.3%、総成績、2806戦2502勝。
最大年利、165%。

現在の相場でも、完全自動で稼ぎ続けていますが、
この成績は、人の手で出すことは
まず、不可能だと思います。

例えプロトレーダーが近しい成績を出したとしても、
それはそのプロだけが出せる結果です。

でも、「i-Vision」は完全自動のトレードで、
誰もが同じ結果を出すことも可能でしょう。

ではなぜ、それを実現できるかの疑問は、
「AI」を解き明かしていくと分かってくると思います。

そこで質問ですが、

「あなたはAIについて、どこまで知っていますか?」

この質問で、多くの方が答えるのは、
「AIがリアルタイムで学習している」ということです。

AIって聞いたら、普通はそういうことを想像しますよね。

でも、それは違います、間違っています。

AIはリアルタイムで学習をするのではなく、
過去の事例から自己学習をしていき、
膨大なデータによって利益を狙い続けることができるんです。

人に勝ったという、将棋のAIも、決して、
リアルタイムでAIが学習して、対戦していたわけではありません。

過去の対戦データを学習し、
膨大なパラメーターが蓄積され、
その圧倒的なデータによって、人に勝つことができました。

リアルタイムで学習していないと聞くと、
がっかりした気持ちになるかもしれませんが、

そもそもリアルタイムで学習をしながら対戦するような、
中途半端で未完成のAIを使いたいと思いますか?

将棋の話から、
トレードに戻して考えてみてください。

まだ相場の動きを学習しきる前の、
中途半端で不完全なAIでトレードをしたいと思うでしょうか。

その答えは、「No」だと思います。

使うのであれば、相場のデータを
完璧にインプットしたAIでトレードしたいはずです。

リアルタイムで学習をすることが
AIの魅力ではありませんし、
それは不完全なAIだと言えます。

完成されたAIは、
自己学習した膨大なデータ量を蓄積していき、
その圧倒的なデータ量によって勝利を手にしていくんです。

つまり「i-Vision」は、中途半端に学習を続けている
AIが搭載されているシステムではありません。

相場のデータを完璧にインプットしたAIが、
創り出したトレードシステムということです。

「AI」がどういうものか、
お分かりいただけたことで、次のステップにいきましょう。

一言で「AI」といいますが、
AIというものにはいくつかのクラスが分かれています。

まず、人間の知能の一部を代替する、
特定の決まった作業を遂行するためのAI。

例えば、自動運転技術や画像認識、人との会話など、
1つの機能に専門化して稼働するものなんですが、
こういったAIは、「弱いAI」と言われています。

もう一つは、脳科学などを取り入れながら、
人間の脳と同じくらいのレベルで、
知的処理をすることが可能AIです。

つまり人と同じレベルで、
様々な判断を行えるレベルのものですね。

こういったAIを「強いAI」と言います。

そして、強いAIの中でも、ディープラーニング、
つまり深層学習が行えるものは最高クラスのAIと言えます。

Google、Appleといった、
世界的な大企業が組み込むAIや、
2016年にプロ棋士に勝利したAIなどがそれにあたります。

ディープラーニング(深層学習)とは

人間が手を加えなくてもコンピュータが
自動的に大量のデータからデータの特徴を発見する技術のこと。

そして、この「i-Vision」も、
もちろんディープラーニングを行なってきました。

つまり、
世界水準の深層学習AIを為替相場に適応させた、
完全自動のトレードシステムということです。

世界水準の深層学習AIが投資に活用されている事例は、
すでにいくつかあります。

たとえば、世界でもいち早くAIを導入した
ヘッジファンド、「ルネッサンステクノロジー」。

従業員とその家族が利用可能なもので、
平均リターンは、年利71.8%ほどです。

そして、AIファンド、
「ツーシグマ・インベストメンツ」。

平均リターン、年利14.9%ほどで、
日本企業と提携したことが話題にもなりました。

このようにAIを活用した投資は、
いくつか存在しており、「i-Vision」も同様に、
結果を出せるシステムであると、

私達は自信を持っておりますし、
先ほどご覧いただいたように、現在も利益を出し続けています。

「i-Vision」のリターンは、
最大年利165%ペースとなり、
世界的なAIトレードシステムと同等以上の力を持っていると言えます。

ルネッサンス
テクノロジー
ツーシグマ・
インベストメンツ

最大年利
165%

(テスト運用による結果)

年利71.8% 年利14.9%

「i-Vision」が世界的なAIトレードシステムよりも、
遥かに上回る結果を出せているのは、
後ほどお伝えする独自のアルゴリズムによる、

圧倒的な力の差もあると思いますが、
そもそも「FX」を舞台にしていることも
大きく関連しているんです。

というのも、
特にFXは、AIの学習環境として最適です。

なぜならFXには10年以上の為替のビッグデータがあるためであり、
膨大なデータを武器とするAIにとっては、
これ以上ない相性でもあります。

私たちが投資の中でもFXを選んだ理由であり、
「i-Vision」はFX専用のシステムです。

例に出した他システムも凌駕する結果を出せると
自信を持っている理由でもあります。

しかし、世の中のすべてのAIが、
本物とは限りません。

つまり、本物のAIだけではなく、
偽物のAIも出回っているということです。

ネットで調べると、いくつかヒットすると思いますが、
「AI搭載の自動売買システム!」
と謳っているものが、ちらほら見られるんです。

その中身を見てみると、、、残念、偽物のAIということが多く、
それはつまり、「AI」というもの自体が
使われていないということ。

インジケーターとかのパラメーターをいじって、
「AIです」と言っている偽物です。

では、「本物のAI」とは、どのように分かるのか。

それを見分ける点が、2つあるんです。

1本物のAIは「メタトレーダー5(MT5)」で運用可能

世の中には数々の自動売買システムがありますが、
AIを活用したトレードシステムは、
システムを稼働させるプラットフォームが異なります。

自動売買システムや偽物のAI
(実際にはAIが使われていない)は、

メタトレーダー4(MT4)によって稼働することができますが、
AIを活用したシステムをMT4で運用することは、
まず不可能です。

少なくともMT4で「AIを使ったシステムです」といって、
提供しているものは疑わしいですし、
AIを活用するには、MT5は必須となります。

MT4に比べて、MT5の方が、処理速度も断然に速く、
昨今のハイレベルのAIを活用するには、

相応のスペックを持つプラットフォームが必要であり、
MT5である必要があります。

MT4と5では実現できる幅が段違いですし、
簡易的な比較となりますが、スペックの違いが一目瞭然です。

  MetaTrader4 MetaTrader5
リリース時期 2005年 2010年
動作スピード 遅い(フリーズする場合有) MT4より高速
時間足 9種類 21種類
気配値 ウィンドウ機能が少ない 機能が多く見やすい
モバイルアプリ 機能が少ない 機能が多い
板情報 なし あり
標準搭載のインジケーター 30種類 38種類
アップデート 順次サポート終了 頻繁にアップデート

MT5はここ3、4年で
20回ほどアップデートしていますが、
それに対してMT4は4年間で1度だけです。

つまり、MT4の時代は終わりに差し掛かっており、
MT5の時代が来ているということ。

もちろん、MT4を使っている方のほうが、
今は多くいらっしゃいますが、すでにMT5の時代となっており、

AIを活用したシステムを
最高のパフォーマンスで運用するためには、
MT5は必須となります。

ただ、決して難しいものではなく、
MT4とほとんど同じ感覚で使うこともできますし、

利用にあたって大きなハードルではないことを
ご安心いただければと思います。

2AIの「学習期間」と「テスト運用期間」を提示している

そして2つ目。

本物のAIであることを見極めるには、
この「学習期間」「テスト運用」の期間が
明確に示されているかが大切です。

お伝えしてきましたように、
最高クラスのAIはディープラーニングによって、

為替相場という大量のデータから、
トレードの判断や予測をしていきます。

そうであれば、AIがどれほどの期間を
ディープラーニングしてきたかの、
学習期間が提示されなければいけません。

「相場を学習してきました」と言われても、
では実際にどれくらいの期間を学習したのか、
そこが明言されていなければ、信頼に欠けますよね。

そこが明かされていないAIは、
ディープラーニングができない偽物のAIか、
学習期間を記録していない適当なエンジニアが開発したAIでしょう。

「学習期間」が明確に公開されていることが、
偽物と本物を見分けることに繋がります。

そして、「テスト運用期間」は、さらに大切です。

こちらは「学習期間」を終えたAIが、
実際の相場で利益を出すことができるかを
判断するための、シミュレーションというもの。

その「テスト運用期間」が、
提示されていないとしたら、どうでしょうか?

ディープラーニングによって、
相場を学習したAIが、実際の相場で稼ぐことができるのか
まったく分からないという状態です。

つまり、
リアルの相場で通用するかを示していないということ。

そんなAIを信じられるでしょうか?

たとえ提示していたとしても、
1ヶ月間だけのテスト運用を提示されたら、
そんな短期間のトレードしか勝てないのかと、不信に感じると思います。

「テスト運用期間」は、
ディープラーニングしたAIがリアル相場で
勝つことができるかどうか。

それを提示していないAIは、まず、偽物のAIでしょう。

「学習期間」と「テスト運用期間」。

人工知能AIトレードシステム、「i-Vision」は、
もちろんそちらを提示しています。

人工知能AIトレードシステム「i-Vision」は、
人間レベルではわからない、
相場の「上がる」「下がる」の特徴を、ひたすら学習させていきました。

為替相場の12年分の歴史を深層学習させて、その後、
3年分のテスト運用を行い、実運用をしています。

12年間と3年を合わせて、
単純に15年分のバックテストをしたら、

その相場に合わせたシステムになるので、
成績自体はもちろん良くなります。

ただ、それは
成績をよく見せるためだけのものであって、

相場に合わせて過剰最適化、
つまりカーブフィッティングをしているだけです。

実際にリアル相場で運用したら、良い結果にはならずに、
まったく勝てないような結果になるでしょう。

なぜなら、過去の相場に合わせて、
良いパフォーマンスを出しただけだからです。

過去の相場で良い結果が出ても、
肝心のリアルタイムの相場で結果が出なければ、
それは意味がありませんよね。

その点、「i-Vision」は
リアルタイムの相場で利益を出すことを念頭に置いています。

つまり、15年分の相場に最適化したのではなく、
12年の学習期間のデータを使って、
3年のテスト運用を行い、実運用に至っています。

そして実際のトレードでは、
直近5日分のデータを読み解き、
2時間先に上がるか下がるかを予測しています。

正確にはもっと多いかもしれませんが、
検証には一切の妥協はしていません。

私たちは、
1日15~20時間ほどプログラミングをしていまして、
常に最高のパフォーマンスを追い求めています。

その上で、データセットの選定や作り方、
AIのコアの部分となる、ニューラルネットワークの構成を
整えていきました。

外国為替の短期予測、つまり、
短い時間にどれくらい動くのかをテーマに
どのような方法が最適なのか、

トライアンドエラーを
ひたすら繰り返しながら実装を進めていったんです。

実運用に耐えうる検証が必要だったので、
国内スプレッドの5倍以上の状況でテストをしています。

それ以外にも、
様々な検証方法でテストしていった結果
100,000回以上の検証回数となりました。

つまり、クオリティを高めるため、
かなりの時間と手間を、かけているということです。

さらに開発期間は7年以上。

ほとんどの時間と手間を、
このi-Visionに注いできたということです。

そうしてたどり着いたのが、
相場に潜む8000パターン以上の勝ちトレードです。

稼働開始後「勝率93.3%」
総成績「2806戦2502勝」
最大年利「165%」

現在の相場でも、利益を稼ぎ続けることができている、
人工知能AIトレードシステム「i-Vision」の、
最大の武器といってもいいでしょう。

この「i-Vision」は、
AIのディープラーニングによって、
8000パターン以上の勝ちトレードを

AI自身にインプット、学習させ、
その学習モデルの中から相場のパターンに
一番近いもので自動トレードしているんです。

為替相場というものは、確かに色々な動きをします。

ただ、その動きはすべて、
価格が「上がる」か「下がる」かの、どちらかです。

これまでの為替相場も、
価格が「上がる」か「下がる」かの動きで、
作られてきたものです。

プロトレーダーなどは、
テクニカル分析やファンダメンタルズ分析などを用いて、

「上がる」か「下がる」かを予測して
トレードしていると思いますが、
AIがやっていることは、基本的にはそれと同じ。

つまり、トレーダーもAIもやっていることは、
「上がる」か「下がる」かを予測しているということで、

決定的に違うのは、AIでは膨大なデータによる
精密な学習をしているということです。

「i-Vision」は、
為替相場の12年間の膨大なビッグデータを学習させています。

その12年間の相場に起こった、
「特定の条件で上がった相場、下がった相場」を、
ひたすらAIに学習をさせたんです。

1年間の相場を検証するとしたら、
プロトレーダーでも手作業でかなり時間がかかります。

ただ、AIならすべて自動で検証してくれますし、
一瞬で終わるほどなんです。

人間レベルではわからない、上がる相場の特徴と、
下がる相場の特徴をAIが学習して、
利益になるパターンをストックしていっているということ。

その結果、
8000パターンの勝ちトレードという武器で、
あらゆる相場から利益を狙えるんです。

こちらのように「i-Vision」のトレードは、
ロジックといった規則性はありません。

8000パターンの勝ちトレードによって、
利益を稼いでいるんです。

FXの歴史上に存在する、すべての勝ちパターンを
完全に網羅していると言ってもいいでしょう。

「i-Vision」は
8000パターンもの勝ちトレードによって、
あらゆる相場から利益を狙っていきます。

それはつまり、
固定のロジックは持っていないということ。

あくまでも相場に潜む
膨大な数のパターンを学習することによって、
「i-Vision」は利益を狙っていきます。

「ロジックがなくて大丈夫なのか?」
と思うかもしれませんが、人間がトレードするなら、
確かにロジックは必須だと思います。

でも、システムに任せて
固定のロジックだけでトレードする場合、
それに合致したところでしか稼げないんです。

文章で説明するよりも、動画を見ていただいたほうが
より理解が深まるでしょう。

FX投資のスペシャリストである、
Logical Forex社の斉藤さんが解説した、
こちらをご覧ください。

ロジックに合致することが条件のシステムだと
1パターンでトレードしてるのと一緒ですよね。

だから、同じパターンで、毎回負けることになるわけです。

ただ、「i-Vision」は、
8000以上のパターンがあるから、
ダマシみたいなことも、極力回避できるということ。

つまり、本来は
「ダマシ」といわれるようなパターンも、AIは学習済みだから、
利益に変えてしまうというイメージなんです。

「i-Vision」は負けの要素も、
100,000回以上の検証によって、
ほとんどの可能性を潰しています。

AIが8000以上のパターンを導き出したからこそ、
固定のロジックというものにとらわれずに、
相場の状況に合わせた、柔軟性のある稼ぎ方になっているんです。

「i-Vision」が利益を生み出すための
8000パターンをどのように導き出したか。

その1つのキーワードに、

「二値分類」(にちぶんるい)

というものが関係しています。

これは2つの値で分類しパターン分析する、
AIのディープラーニングにおいて
王道かつ絶対的な分析方法である、学習方法なんです。

「二値」とは、字の通り、「2つの値」という意味で、
FXでは「上がるか」「下がるか」といった
2つの値に分けることができます。

価格が上がりやすい、下がりやすい、
8000以上のチャートパターンからAIモデルを導き出して、

その中から高い確率で利益になるパターンを絞って、
自動でトレードをします。

この二値分類によって、価格の変動が激しい、
つまりボラティリティが高い相場として、

「2時間で80pips動く相場」のデータを学習させていき、
結果、8000パターン以上という膨大な量となったんです。

「2時間」というのは、
短期間でのトレンドを狙っていくということ。

「80pips」というのは、
専門通貨ペアとしているユーロドルの
1日の価格の平均幅から算出したものとなります。

以下のグラフはユーロドルの、
価格の変動幅を表しているものです。

2005年から2020年の変動幅です。

グラフでは1年ごとのものなのですが、
折れ線グラフを見ていただければと思います。

毎年、ほとんど同じぐらいに、
価格が動いているのが分かると思います。

そしてこれを1日単位に落としていくと、
ユーロドルの1日における、価格の平均幅は、
だいたい109pipsとなります。

1日のうちに相場が動くのは、100pips前後ということです。

つまりは通貨ペアの1日の価格変動の平均値から、
「80pips」という条件にしました。

そのように人工知能AIトレードシステム「i-Vision」は、
8000ものチャートパターンを
インプットすることに成功して、

その中から最適なパターンを自動選定して、
利益を狙い続けていきます。

プロの裁量判断や経験では補えないような、
細かいところまでもすべてパターン化した、
というイメージですし、

だからこそFXが初めての方だとしても、

稼働開始後「勝率93.3%」
総成績「2806戦2502勝」
最大年利「165%」

という結果を狙うことができるんです。

「i-Vision」が8000パターンを勝ちトレードを、
導き出した仕組みには、まだ裏があります。

しかも、「i-Vision」の中で、最もコアな部分。

それは、相場から利益を暴き出す、独自のアルゴリズム、

「5クオンツAI」(ファイブクオンツ)

というものです。

まず、名前のとおり、
「クオンツ投資」というものが大きく関係しています。

クオンツ投資とは

高度な数学的手法を使って、
様々なマーケットを分析したりする方法。

もともとは1990年代から使われていた歴史ある方法だが、
AIが注目されている現在では、さらに注目が集まっている。

AIによる膨大なデータの深層学習は、
クオンツ投資の数学的手法との相性が抜群で、
空想の予測とかではなく、

データに基づいた最高レベルの
科学的なアプローチができるということです。

つまり、「i-Vision」に関しては、
相場を構成する要素を、数学的に解析していき、

8000パターンにも及ぶ
「2時間で80pips動く相場」のデータを、
導き出してきたということ。

つまり、相場のどのような要素から
「上がるか」「下がるか」を判断しているか、
「i-Vision」に内蔵されているシステムというイメージです。

また、
「5クオンツAI」というように、相場の5つの要素を見ています。

1価格

現在の価格。今、価格がいくらなのかを判断。

2変動値

価格がどれだけ動いたかを判断。

つまりボラティリティ。

過去5日間の相場の、ローソク足の四本値をもとにして、
2時間先で上がるか下がるかを予測。

3速度

ローソク足の形成スピード。

足が作られるスピードから、急落するような、
トレードをするにはリスクが高いポイントを判断。

4周期

相場のサイクル。

特に大きな動きがない「停滞」、
強いトレンドができる「エクスパンション」、

相場の動きが収まっていく「収束」のサイクルから、
相場が動くエネルギーを判断。

5時間

取引の時間帯。

東京タイム、ロンドンタイム、NYタイムといった、
3大マーケットの時間帯を意識し、
各マーケットごとの価格の動きを判断。

こういった5つの要素を加味してデータを取っていったことで、
荒れ相場でも「i-Vision」を止めることなく、
高い精度で利益を上げ続けることを可能にした、ということです。

この「5クオンツAI」は、
AIのプロフェッショナルのLAplust社と
FXのプロフェッショナルのLogical Forex社、

お互いの長所を活かしたからこそ、
完成させることができた最高のシステムです。

それを搭載した「i-Vision」は、
誰もが同じ利益を稼ぎ続けるような、「全人類、平等の利益」
というものを実現できるレベルだと感じています。

ここまでの情報を簡単にまとめますと、

  1. 「i-Vision」には8000パターンの勝ちトレードがインプットされている
  2. その8000パターンは二値分類というディープラーニングの王道手法によって導き出された
  3. 相場を形成する5つの要素を解析する独自アルゴリズム「5クオンツAI」によって、精度の高い深層学習がされている

ということです。

もしかしたらややこしく感じたかもしれませんが、
ご説明してきたことは、すべてAIの仕組み部分。

ここからはいよいよ、「i-Vision」が
どのように利益を稼いでいくか、ご紹介していきましょう。

「i-Vision」がどのような仕組みで、
8000パターンの勝ちトレードを学習してきたか、
お分かりいただけたと思います。

稼働開始後「勝率93.3%」
総成績「2806戦2502勝」
最大年利「165%」

現在も利益を稼ぎ続けている、人工知能AIトレードシステムです。

ではここから「i-Vision」が
どのようにしてトレードを行い、
利益を狙っていくかをご紹介していきます。

1トレードスタート

8000パターンの中から、現在の相場に合致するかを監視していきます。

その際、重要になるのが、やはり「5クオンツAI」となり、
相場のパワーバランスを算出していきます。

2自動でエントリー

「5クオンツAI」が算出したデータは、チャートの左下の
「Prediction Value(プリディクション バリュー)」に表れ、

  • +3000以上の場合は買いエントリー
  • -3000以下の場合は売りエントリー

が行われます。

「Prediction Action(プリディクション アクション)」に、
「buy(買い)」または「sell(売り)」と表示され、
エントリーをしたことが確認できます。
※完全自動AIシステムのため覚える必要はありません

3自動でトレーリングストップ・利益最大化!

エントリーから終値が確定した時点で
5pipsの含み益が出ていたら、
その時点でトレーリングストップが発動します。

つまり、トレンドが伸びる限り、自動で利益を最大化していきます!

損切りも「Prediction Value(プリディクション バリュー)」の
数値がもととなり、5pipsを確保する前に相場が反転し、

  • 買いの場合は-4000以
  • 下売りの場合は+4000以上

の数値が出力されたときに
自動で決済がされるようになっています。
※完全自動AIシステムのため覚える必要はありません

トレーリングストップ

価格が有利な方向に動いた場合に、
損切りも有利な方向に動いていくという注文方法です。

損失を最小限に抑え、利益の最大化が自動的に行われます。

「i-Vision」の基本的な性能は、こちらとなります。

勝率 最高93.3%
対応通貨ペア EURUSD専用
対応時間足 10分足専用(MT5にて使用可能)
トレード回数 1日平均3~4回
1トレードの獲得pips 平均11.8pips
平均ポジション保有時間 数時間から1週間以内
プロフィットファクター 1.98
相対ドローダウン 約19%

※「プロフィットファクター」は、「システムの稼ぐ力」を数値化したもの。
1.1以上だと基本的に利益が出るといわれている。

※「相対ドローダウン」は、口座資金に対して、
最大いくらの割合の損失を出したかというもの。数値が低ければ低いほど良い。

そして、トレードは、すべて
「Prediction Value(プリディクション バリュー)」の
数値によって行われていき、

Prediction Value算出数値一覧

+4000 売りポジション決済
+3000 買いエントリー
± -
ー3000 売りエントリー
ー4000 買いポジション決済

というように、一覧にすることができます。

すべての判断は、「i-Vision」が自動で行なってくれて、
このようにあらゆる相場から完全自動で利益を狙っていきます。

そしてこういったトレードを繰り返していき、

稼働開始後「勝率93.3%」
総成績「2806戦2502勝」
最大年利「165%」

こちらのように現在の相場でも
稼ぎ続けることができたということです。

※履歴内の10ロットを超えるトレードは証券会社のサーバーエラーによるイレギュラーとなります

この「i-Vision」は、
個人投資家の方がしっかりと再現できることを一番に優先して、
実際に想定されるいかなる環境でもテストしてきました。

その想定を1つ例に挙げるとしたら、
3pipsという高ストレスのスプレッド幅で
テストを繰り返したということ。

スプレッドとは、いわゆる手数料です。

国内では0.2~1pips、高くても1.5pips、2pipsほど。

そんな中、3pipsというスプレッドで、
高い手数料が発生している場合でも、
確実に利益を出せているということになります。

2017年8月から2020年10月の3年間のテスト運用結果も、
3pipsのスプレッド幅によるものとなり、
勝率88.7%、2552戦2265勝を叩き出しています。

※バックテストの結果

スプレッドが狭ければ手数料も少ないですし、
その分、利益を出しやすくなります。

でも、私たちは見栄えの良い成績を出すのが目的ではありません。

実際に運用していただいて、稼ぎ続けてもらうのが目的です。

だからスプレッドを
0.1pipsとか0.2pipsという少ない設定にして、
成績をよく見せることは一切しませんし、

自動売買で5ロット運用とか、
完全自動で数十億円という、現実味のない成績も出しません。

このスプレッド設定をはじめとして、
あらゆる時間足や証券会社でもテストを行い、

100,000回以上という人にはできないレベルの検証を、
繰り返してきました。

そんな小細工はしていませんし、すべて真実のデータをお見せしています。

あなたがこれからの相場で一生、稼ぎ続けることを考えて完成させました。

従来のシステムや人によるトレードでは、
到底、真似できない領域です。

もはや人間や自動売買システムには、
再現できないレベルのシステムと言ってもいいでしょう。

膨大なビッグデータを解析し、
8000以上の勝ちパターンをインプット。

稼働開始後「勝率93.3%」
総成績「2806戦2502勝」
最大年利「165%」

現在のように、稼ぎ続けることも十分に目指せます。

私たちが掲げているヴィジョン、
「全人類、平等の利益」というものも実現できると、
自信を持って言葉にできます。

これまでの人間の手によるトレードは、
プロにしか再現できないようなものだったり、

ロジックという型があるからこそ、
一部の相場だけでしか稼げないものでした。

しかも、トレーダー自らが学習する必要があり、
それによって利益を稼ぐまでのスピードも遅い。

さらに人の感情というものが影響して、
精度の高いトレードを毎回できるかというと、
決してそうではありません。

では、自動売買システムはどうなのか。

確かに機械なので、人の感情はあまり入らないでしょう。

しかし、結局のところは、
ロジックを機械化したものであり、
一部の相場でしか利益になりません。

ここで厄介なのが、
変化する相場に自動売買システムが対応できないこと。

最初のうちは勝てたのに、
次第に勝てなくなってきたケースは、
ロジックの基本形だけで自動売買をしているからであり、

本来ならば相場に合わせて、
稼働させたり停止したり、または使い分けたりと、
自らでハンドリングをする必要があります。

相場の動きを読めなければ、それは不可能に近いです。

つまり、人間の手によるトレードも、
自動売買システムも、かなりのスキルが必要ということ。

でも「i-Vision」は相場の変化さえも、
すべて学習をしてきました。

その結果、コロナ相場などの荒れた時期でも、
利益を右肩上がりで増やしていきましたし、

相場の歴史上、
すべての勝ちパターンを完全網羅したと言っても、
決して過言ではありません。

8000パターンの勝ちトレードをインプットした
「i-Vision」で、誰もが完全自動で、
利益を追求し続けることができるでしょう。

相場の予測、ポジションの保持の
判断、エントリー、決済まで、すべてお任せできます。

  従来のEA 人のトレード
対応できる勝ちパターン 8000パターン以上 EAに組み込まれている1~3パターン 数十パターン(人による)
学習スピード AIにより12年分の相場を学習済 学習機能なし 数ヶ月~数年(人による)
裁量判断 一切必要なし 相場状況により必要(EA稼働、不稼働など) 相場状況により必要
メンタルの負担 一切必要なし 基本的になし(トレード結果に左右される場合も) トレード結果、体調などに左右される
相場の予測 人工知能ですべて判断 EA単体では不可能(人による判断が必要) 人による判断
トレード判断 人工知能ですべて判断 EA単体では不可能(人による判断が必要) 人による判断

AIのお話や「i-Vision」の仕組みなど、
色々お伝えしてきましたが、
あなたはシステムを一度起動させるだけ。

そのあとは絶え間なく、利益を狙い続けてくれます。

あなたはこれから、「i-Vision」によって、
完全自動で利益を稼ぎ続けていくような
豊かな人生を手にできると確認しています。

やりたいことにチャレンジしたり、夢を叶えていくなど、
どんな未来だって実現できるでしょう。

FX-Katsu
70,000人以上の会員から支持され、
自身も利益を稼ぎ続けている超実力派トレーダー
本間健一
圧倒的な金額を短期間で生み出す、
実績No.1と評されているカリスマトレーダー

ここまで世界最高峰のAIが創り出した、
人工知能AIトレードシステム、
「i-Vision」の仕組みについてお伝えしてきました。

色々とお話ししましたが、すべてを理解する必要はないですし、
「i-Vision」がこういった仕組みで開発されたということを、
なんとなく知ってもらうだけで十分です。

なので難しいお話は、もう終わり。

ここからはあなたが、実際に利益を上げていくための、
「i-Vision」を導入する手順をお伝えします。

AIが関わっているからといって、
決して難しいことはありませんし、
AIの専門知識が必要ということも、一切ないです。

必要なのは、たった3つのシンプルなステップ。

それさえ行なってしまえば、
あなたは完全自動でAIトレードを行なっていけます。

ステップ1
クリックのみでOK!専用インストーラーで「i-Vision」をパソコンへ導入

まず、1つ目のステップは、
「i-Vision」をあなたのパソコンにインストールすることです。

専用のインストーラーをご用意しているので、
パソコンが苦手な方でも心配いりません。
※ライセンス認証の申請後、事務局からインストーラーをお送りします

画面に案内が出てくるので、
それに従ってマウスをクリックしていくだけです。

あっという間に「i-Vision」を
あなたのパソコンにインストールすることができますし、
難しい作業は一切ないです。

専用インストーラーによって、
誰でもパソコンへ「i-Vision」をセットできるでしょう。

ステップ2
超高性能チャートソフト「メタトレーダー5」を起動

2つ目のステップは、
超高性能チャートソフト「メタトレーダー5」を起動することです。

ご注意いただきたいのが、
「i-Vision」が最高のパフォーマンスを発揮するためにも、

メタトレーダー4(MT4)に比べて処理速度が圧倒的に早い、
メタトレーダー5(MT5)をお使いください。

今までMT4を使っている方が、圧倒的に多いと思うのですが、
MT5も基本的な操作は、ほとんど変わらないですし、
MT4がそのままさらに高性能になったと思ってください。

MT5の導入マニュアルも用意していますし、
初めて使う方も、どうぞご安心くださいね。

ステップ3
「i-Vision」をセットして、AIトレードをスタート!

「i-Vision」の表示方法に従って、
チャートに反映していきます。

ここまできたら、あとは完全自動の、
AIトレードをスタートするだけです。

「i-Vision」を止めたり、動かしたりすることも一切不要。

これから24時間、あなたが食事をしていても、
睡眠をとっていても、お仕事をしているときでさえも、
利益を狙ってトレードをしてくれます。

「AI」とか「MT5」とか、
慣れない言葉が出てきて難しそうに感じるかもしれませんが、
初めての方でも、ここまでの作業を問題なく完了できるほどです。

「AIを作ってください」というわけじゃありません。

「AIが作ったトレードシステムを使ってください」ということで、
難しいことはすべて、私たちが行なってきました。

この「i-Vision」を起動してしまえば、
今、まさに利益を出している勝率93.3%で、
あなたもトレードが始められるでしょう。

そして、あなたの夢に向かって、稼ぎ続けてください。

私たちが「i-Vision」を提供するのは、
単純に「勝てるから」という理由だけではありません。

今の日本の、状況にも関係しています。

毎日のように耳にする、新型コロナウイルス。

日本だけではなく世界的な問題となり、
収束の目処もまったくたっていません。

ワクチンの摂取も世界各地で進んでいますが、
果たして感染者が0人になるのは、いつになるのでしょうか。

そのコロナの影響で、
労働に規制がかかって収入が減っている方や、

失業者も2020年から増え続けているという、
日本国内の統計も出されています。

さらに、2021年2月13日には、福島県沖で震度6の地震も起こり、
10年前の東日本大震災の記憶をフラッシュバックさせられました。

日本は今、何が起こるか分からない状況です。

そんな中で、私たち日本人ができることは、
最悪な事態に備えることです。

それは保険に入るとか、
貯金をしていくという選択肢もありますが、
もっと根本的な部分、つまり、

「お金を増やし続ける」

ということです。

現代社会では、生き残るために、「お金」は必要不可欠。

綺麗事は一切なしで言いたいのですが、
「お金」がなければ生きていけませんし、
何が起こるか分からない今の日本では、絶対に必要なものです。

ならば、この日本で生き残るために、私たちに何かできることはないか。

その答えが、

稼働開始後「勝率93.3%」
総成績「2806戦2502勝」
最大年利「165%」

今、現在の相場でも稼ぎ続けている、
人工知能AIトレードシステム「i-Vision」です。

GoogleやApple、Amazonといった、世界的大企業が採用するレベルの
ディープラーニングができるAIによって完成した、
個人投資家の手に届けるための、AIトレードシステムです。

この「i-Vision」で稼ぎ続けながら、
あなた自身もFXの学習をするのもいいですし、
専業トレーダーを目指すのも素晴らしいと思います。

この何が起こるか分からない日本でも、
あなたが望む人生を手にするための力として、
「i-Vision」を受け取ってほしいんです。

もう、大手企業や大手ファンドだけが、
世界水準のAIを使う時代は終わりです。

コロナ、失業、震災。

そんな時代だからこそ、
今は誰もが平等に稼ぎ続ける未来が必要だと思っています。

株式会社ラプラス、株式会社ロジカル・フォレックス。

AI事業とFX投資の
スペシャリストの世界初提携によって誕生した「i-Vision」は、
トレード経験に左右されない人工知能AIトレードシステム。

「全人類、平等の利益」をヴィジョンに、
利益を狙い続けていきます。

たとえ、どんな時代になっても。

あなたの夢を叶えるため、
目の前のチャンスをぜひ掴み取ってください。

コロナやそれによる失業、
さらには震災ということからも、
今、人は気持ちがマイナスに向かっています。

でも、そのマイナスな気持ちに、
飲まれてしまってはいけません。

人の最大の弱点は、「諦めてしまうこと」です。

コロナのせいで収入が減って、
やりたいことができない世の中となり、
夢を諦めてしまったり、行動しない人が増えています。

むしろその気持ちを、バネにしてください。

壁にぶち当たったり、困っている状況というのは、
次の新しい世界を発見する扉でもあります。

その扉を開くためには、一歩を踏み出すことが重要。

扉の先には「i-Vision」を使って、
あなたの夢を叶えられる世界が待っているでしょう。

イメージしてみてください。

あなたは「i-Vision」を手にして、
今、現在の相場で利益を増やし、さらに勝率93.3%でほとんど負けなし。

そして、1000万円でも、3000万円でも、
5000万円でも、1億円でもいいです。

あなたが望む金額を、自由に目指せる世界だとしたら。

やりたい事業にチャレンジしたり、
コロナが明けたら海外旅行へ行ったり、
芸能人が付けているような豪華な腕時計や、

一生働いても乗れそうにない高級車、
新築の庭付き一戸建てなど、どんなものでも手にできるでしょう。

色々とお伝えしてしまいましたが、
「i-Vision」を提供する最大の目的は、
あなたが望む最高の人生を手にしてほしいということです。

こうして長いページをここまで読んでくださっているあなたは、
途中でページを閉じてしまったような、
「諦めてしまった」人とは違います。

「i-Visionを使って夢を叶えたい」という、
強い気持ちを持っているはずです。

私たちはその声に応えたいですし、
この「i-Vision」であれば応えられるはずです。

人工知能AIトレードシステム「i-Vision」は、
私たちの自信と、誇りをかけて開発した最高傑作です。

「全人類、平等の利益」という
ヴィジョンを実現できると確信するレベルに仕上がりましたし、
どんなことがあっても妥協せず、諦めることはしませんでした。

だからあなたも、「諦めないでください」。

私たちとともに、夢を叶えていきましょう!

1つだけあなたに、謝らなければいけないことがあります。

この人工知能AIトレードシステム「i-Vision」を、
手にすることができるのは、ほんの一部の方だけ。

ということです。

正直に言いますと、
かなり限られた、少数の枠しかご用意していません。

「全人類、平等の利益」を掲げているのに、
なんで少数の枠しかないの?と思うかもしれませんし、
その疑問も必ず出てくるものです。

なので、ご説明しましょう。

私たちは「i-Vision」を、
無制限に、誰にでもお渡しすることは考えていません。

確かに「全人類、平等の利益」をヴィジョンとしていますが、
それは安易な考えではなく、命をかけて掲げたものです。

私たちはこのシステムを空いた時間で創っていったのではなく、
人生におけるほとんどの時間を使って、創り上げていきました。

つまりは、命の結晶です。

命を削って完成した「i-Vision」は、
私たちにとって最高傑作であり、世界水準のAIを使うことで、
誰もが完全自動で稼ぎ続けることも実現してしまうでしょう。

そこまでのAIトレードシステムを、
本気じゃない人には渡したくないですし、

「i-Vision」に価値を感じていただき、
自らの夢に向かって邁進できるような、
限られた方だけにお渡ししたいんです。

そのため、「i-Vision」を手にできる人数は、
本当にごく少数とさせていただいています。

驚くことに、すでに定員を上回る方々が、
「絶対にi-Visionを絶対に手に入れる!」と、
表明をしてくれています。

少数の枠が埋まってしまうのは、間違いなく時間の問題です。

限定募集をスタートしたタイミングで、
すべての枠が埋まってしまって、
「i-Vision」を二度と手にできなくなるかもしれません。

そして公平性を保つためにも、予約は一切受け付けていません。

先着順での受付となるので、
1秒でも早く決断した方だけが、「i-Vision」を手にして、
AIトレードで利益を狙い続けることができます。

稼働開始後は、勝率93.3%、
総成績、2806戦2502勝、
最大年利、165%、

今の相場でも、利益を稼ぎ続けています

つまり、手にした瞬間から、
あなたも同様の利益を狙うことだってできるということです。

早く決断した方だけが、
今日から稼ぎ続ける未来を手にしていき、夢を叶えられるでしょう。

こちらは最もメインとなるコンテンツです。

世界最高峰のAIが創り出した、
人工知能AIトレードシステム、「i-Vision」本体となります。

大手企業や一部の機関投資家しか手にできない、
世界水準のAIトレードを、

「全人類、平等の利益」

という、個人投資家に届けていくヴィジョンのもと、
開発したシステムです。

その実績は圧倒的で、完全自動のトレードで、

稼働開始後「勝率93.3%」
総成績「2806戦2502勝」
最大年利「165%」

を叩き出し、今の相場でも稼ぎ続けています。

それを実現させるのは、
AIが過去12年間の相場をディープラーニングしていき、

歴史上、すべてといっても良い勝ちパターンを、
「i-Vision」がインプットしたからです。

その数、8000パターン以上。

ロジックというものを持たず、
圧倒的な武器を使って、あらゆる相場から利益を狙っていきます。

それを可能にしているのが、

「5クオンツAI(ファイブ クオンツ)」

という独自のアルゴリズム。

1価格

現在の価格。今、価格がいくらなのかを判断。

2変動値

価格がどれだけ動いたかを判断。

つまりボラティリティ。

過去5日間の相場の、ローソク足の四本値をもとにして、
2時間先で上がるか下がるかを予測。

3速度

ローソク足の形成スピード。

足が作られるスピードから、急落するような、
トレードをするにはリスクが高いポイントを判断。

4周期

相場のサイクル。

特に大きな動きがない「停滞」、
強いトレンドができる「エクスパンション」、

相場の動きが収まっていく「収束」のサイクルから、
相場が動くエネルギーを判断。

5時間

取引の時間帯。

東京タイム、ロンドンタイム、NYタイムといった、
3大マーケットの時間帯を意識し、
各マーケットごとの価格の動きを判断。

相場を形成する、この5つの要素から解析して、
8000パターン以上の勝ちトレードをインプットし、
FX未経験者だとしても、自動で再現することに成功しました。

それほどの勝ちパターンは、
とても人間には覚えきれない数ですし、
学習能力が圧倒的なAIだからこそ成し得たことです。

つまり、プロトレーダーはおろか、
人には到底たどり着けない領域へと、
この『i-Vision』なら一瞬でたどり着けます。

こちらのように、止まることなく右肩上がりで、
利益を増やし続けていくでしょう。

※バックテストの結果

今まで、AIというものは、莫大な資金を持つ、
大企業やファンドといった一部だけが開発し、
運用することができたもの。

個人投資家がどんなに求めても、
手に入るものではありませんでした。

でも、時代は変わりました。

これからは個人でも、AIを使ってトレードできる時代です。

そして、あなたの夢を叶えていき、
理想の人生を創り上げていきましょう。

ぜひ、この人工知能AIトレードシステム、
「i-Vision」を使っていただいて、
好きなだけ利益を稼ぎ続けてほしいと思います。

こちらは「i-Vision」を、
簡単にメタトレーダー5にインストールするためのソフトです。

難しい操作は特に必要なく、
その日からすぐに使うことができます。

FXが初めての方でも、このインストーラーがあれば
「設定できないからトレードを断念した」
なんてことを防げるでしょう。

プロジェクトにご参加いただいた後、
使用の申請をしていただいたら、
私たちからメールでインストーラーをお送りします。

そのあとは、画面の指示に従って、
「はい」もしくは「OK」を押していけば、
自動でインストールされます。

MT5は、MT4とほとんど操作が一緒とはいえ、
初めてだと戸惑うこともあるので、
不安がある方もご安心ください。

でも、MT4を今、お使いの方なら、
3分もあれば、慣れてしまうと思います。

もちろん、インストーラーを使用する上での
説明のマニュアルもついていますので、
つまずくことなく、「i-Vision」を設定できるでしょう。

これまでとは違うプラットホームを使ってるからこそ、
8000以上の勝ちパターンが分かったり、

90%以上の勝率を記録しながら、
完全自動のトレードが実現できているわけです。

このインストーラーで
スムーズにシステムをセッティングして、
トレードをスタートできるので、ぜひご活用ください。

こちらのコンテンツは、
「AIの仕組み」や「i-Vision」の
基本的な使い方などについてを解説しています。

トレード自体は完全自動なので、
実際に稼働させる際は、本当に何もやることはないんですが、

「i-Vision」がちゃんと動いてるかを、
目で見てわかるように、いくつか情報を画面に出しています。

例えば、トレードの判断は、
すべて「Prediction Value(プリディクション バリュー)」の
数値によって行われていきます。

その時、チャート上に、このように数値が出るのですが、

Prediction Value算出数値一覧

+4000 売りポジション決済
+3000 買いエントリー
± -
ー3000 売りエントリー
ー4000 買いポジション決済

1回の説明では、なかなか覚えられませんよね。

正直、こちらも覚える必要はありませんが、
何の数値か分かった方が安心できる方も、
結構いらっしゃると思うので、

「i-Vision」のトレードの情報や使い方を、
包み隠さずこのコンテンツでお伝えしていきます。

どういう仕組みで利益を狙っているのかを、
きちんと知っているのと、何も知らずにシステムを使うのとは、
利益を得たときの喜びは、全く違うものとなるはずです。

さらに「AI」についても、
より知識を深めていただけるでしょうし、
あなたの知れば知るほど楽しくなるはずです。

ぜひ、このコンテンツで、
「AI」と「i-Vision」について、とことん知ってほしいと思います。

こちらは「i-Vision」を使う上で
さらに資金を効率よく増やしていくためのコンテンツです。

トレードが完全自動とはいえ、
運用方法には、幅があった方が良いと思います。

例えば、資金量によってロットを大きくして、
もっと効率的に稼いでいく方法などですね。

そこでこのコンテンツは、
資金量に対するロット数などを、解説していきます。

「i-Vision」はロット数を、
「固定」と「複利」の2つから選べるんですね。

固定のロットは、文字通り、
ずっと同じロット数でトレードしていくんですが、

複利のロットは、口座の資金量に合わせて、
i-Visionが自動でロット数を調節してくれます。

当然、複利で運用したくない方もいらっしゃると思うので、
固定のロットを自由に打ち込めるようになってますし、

運用方法をちゃんと考えられるように、
Logical Forexさんのノウハウも、
しっかりとコンテンツにしているんです。

ただ稼げるだけのシステムを開発しても、
使い勝手が悪かったら、価値がありません。

なので、AIの学習だけじゃなくて、
「FXでトレードをする」っていうことを
大前提にシステムは開発しています。

それがFXトレーダーとしてのスキルにもなり、
自分で稼ぐ力にも繋がっていくと思います。

「i-Vision」を最大限活用する方法を、
ぜひ、このコンテンツで学んでみてください。

こちらのコンテンツは、
FXが初めての方にご用意したものとなります。

AIによって相場の利益パターンを暴き出し、
完全自動でトレードしてくれるといっても、

「FXはどのような仕組みなのか」
「利益はどうなったら増えるのか」

というような
基礎知識はFXで利益を上げるからには必要な知識です。

そこで、FXの基礎知識を学べる
FXが初めての方向けのコンテンツも用意しました。

おそらく、
世界で一番分かりやすいFX基礎講座になっていると思いますし、
どこの動画よりも、楽しく学べるものとなっているでしょう。

今回初めてFXに挑戦される方は、口座開設だったり、
FXの用語が分からないという部分もあるかと思います。

そういった場面で、間違いなく、
この講義が役立ってくれるでしょう。

これからFXを始めるという方はもちろん、
基礎をおさらいしたいという方も、ご覧いただける内容です。

ぜひ、こちらも活用して、ファーストステップとして、
FXの基礎をしっかりと身につけてください。

そしてFXの基礎を学んでいただけましたら、
「i-Vision」で生涯にわたって、利益を稼いでいきましょう。

これまでお伝えしているように、
「i-Vision」はメタトレーダー5(MT5)でトレードするシステムです。

MT5を使ったことがない方のために、
分かりやすい形でマニュアルをご用意しました。

日本の証券会社も、MT5に移行しており、
時代の最先端を取り入れている背景もありますが、

1番の理由としては、AIを活用したシステムは、
MT4で運用することは難しいからです。

MT4よりMT5の方が処理速度が速いので、
AIのレベルにもよりますが、
ハイレベルなAIを活用するにはMT5である必要があります。

ただ、決して難しいものではありません。

MT4とほとんど同じ感覚で使っていただけると思いますし、
FX未経験者の方でも、このマニュアルがあれば大丈夫。

MT5を導入するところから設定、
そして、使い方も解説しているので、
そちらに沿ってMT5を使ってください。

全部データになってるので、プロジェクトにご参加いただいて
すぐにマニュアルを見ることができます。

また、紙に印刷して、繰り返し使い方を覚えるのもいいですし、
あなたの合った方法でMT5を使いこなしてください。

FXで利益を稼ぎ続けるため、
資金管理は欠かせないものとなります。

少しでもFXをやったことある方は、
この資金管理の重要性は、痛いほどに理解されているでしょう。

そこでこちらは、あなたの資金量に合わせて、
最適なロット数を簡単に導き出せるものです。

固定のロットでトレードするときでも、
資金量に合わせたロット数で、
運用していただきたいと思っています。

なので、シートに資金量を打ち込んでいただければ、
すぐに最適なロットがはじき出される、
電卓みたいなコンテンツです。

イメージとしては、「資金量」のところに、
「100万円」って打ち込めば、100万円に対しての、
最適なロット数を、自動で教えてくれるということ。

ロットは必要証拠金さえ足りていれば、
資金量を無視して、上げることができるので、

しっかり管理をして、
資金量に合ったトレードをすることが大切です。

これはかなり便利なコンテンツなので、ぜひ、ご活用ください。

こちらのコンテンツは、個別メールでのサポートとなります。

つまり、あなたのご質問に対して、
直接メールでお答えする、
ダイレクトに疑問を解消することのできるものです。

「完全自動のトレードなのに、そんなに疑問が出てくるかな?」

と感じるかもしれませんが、
これからFXを始める方も多いと思いますし、
「AI」や「i-Vision」についての質問もたくさんあると思います。

どうしても分からないことは、聞いて解決するしかありません。

しかも、この人工知能AIトレードシステムは、
私たちが専門としているAIによって創り出されたシステムなので、
ネットで分からないところを検索しても、まず解決はできないでしょう。

だからこそ、Logical Forexさんと協力して、
業界最高レベルのサポート体制を整えていますし、
どんどんご質問を寄せてほしいと思います。

「i-Vision」を熟知したサポート部隊が、
徹底的に回答させていただきますし、
私たちが監修しますので、どうぞご安心ください。

1対1のメールサポートとなるので、
他の方には見られない形でご質問いただけます。

疑問を解消していくことは、
「i-Vision」をしっかりと使いこなすことに繋がっていきますので
、気軽にご質問をお寄せください。

些細なことでも構いませんし、
個別メールサポートを最大限活用してください。

こちらはクロスグループさんの名物である、
無期限のコメントサポートとなります。

会員サイトの各ページの下の方に
コメント欄があるのですが、
そこから何度でも、期限の制限なくご質問いただけます。

無期限ということなので、
「i-Vision」を手にしたその瞬間から、
永遠にサポートを受けることができるということ。

あなたのご質問に対して、私たちが監修のもと、
サポートスタッフさんが迅速かつ丁寧に回答してくれます。

そしてチャットのような形式なので、
あなたが他の方の質問回答を見ることができますし、
他の方もあなたの質問回答を見れます。

みなさまが感じている疑問をシェアできる形となり、
いろいろな方からご質問をいただければ、
その分、回答が充実して、コンテンツとしての価値も高まっていきます。

無期限、回数無制限のいつまでも活用できるサポートとなるので、
あなたの目標とする金額を目指す上で
遠慮なく私たちを頼っていただけると幸いです。

ちなみにですが、

「こんなことを質問したら恥ずかしいかな」
「こんな当たり前なことを聞いても大丈夫かな」

という心配は、一切いりません。

あなたが感じている疑問は、
他の方も疑問に思っている可能性も高いです。

「i-Vision」を手にした方、全員を成功させたいですし、
積極的にご質問いただき、1つも疑問点を残さないでください。

「i-Vision」を公開する限り、
このシステムで稼いでいただくこと、
成功してもらうことは私たちの使命です。

そのためには、どのようなこともする覚悟を持っています。

私たちも、コメントへのご意見・ご質問には、
しっかりと目を通すので、どんどん気軽に書き込んでくださいね。

この特別フォローアップ講義は、
いただいたご質問に対して
より深い内容をお届けしていくものです。

具体的には、
メールサポートやコメントサポートにいただいたご質問に対して、

「これは皆さまにシェアした方が良いだろう」
「動画でお伝えしたほうが分かりやすい」

といった内容を、動画などでお伝えします。

さらに、「これについて詳しく解説してほしい」
というような、リクエストも大歓迎です。

私たちは
100本、200本、300本でもお届けする気満々ですし、
ご質問をいただけたら、いただけるほど、嬉しいくらいです。

ちなみにこのフォローアップ講義は、
会員サイトに更新していく形となるため、
ご質問をいただけるほど、

会員サイトも充実していきますし、
「i-Vision」やAIについて学べる機会も、
必然的に増えていくということ。

できる限りご理解しやすい形でフォローしていきますし、
分からないことや疑問に思ったことがありましたら、
ぜひ、積極的にご質問ください。

この「i-Vision」で、
あなたを稼がせ続ける覚悟があります。

「全人類、平等の利益」というヴィジョンのもと、
一番最初に成功するのは、あなたになるでしょう。

人数限定の募集スタートは
3月15日(月)お昼12時から!
※参加可能なページに切り替わります。